アフターピルを持ち始めて2年目!持ち始めて損はしない避妊薬

MENU

アフターピルは女性なら常備しておくべきお薬です

もしも避妊に失敗してしまったら…
コンドームを使用しても、破れてしまったりする事もあります。
また、万が一、望まぬ性行為を強要され、しかも避妊されなかったら…
そんな可能性も、ゼロではありません。
性犯罪はなかなか被害報告がされない事もありますが、現代日本でも数多く起こっていると考えられています。
自分だけは大丈夫という事はありません。
しかし、そんな事が起こってしまった時に、素早く対処できるかどうかによって、妊娠という最悪な事態は防げます。
そんなときの為に、アフターピルは女性なら常備しておきたいお薬です。
アフターピルは色々ありますが、その中でもアイピルは最も有名な避妊薬です。
1錠飲めば、卵子の排出、受精卵の着床を阻止してくれるお薬です。
性行後、24時間以内に服用すれば95%、25時間から48時間以内で85%、49時間から72時間以内で58%という確率で妊娠を防げると言われています。
早ければ早いほど確率が高い為、時間が大切です。
アイピルは病院で処方してもらう事ができますが、性行後、病院に行き、診察を待って服用となると、どんどん時間が過ぎてしまいます。
病院の開いていない時間であったり仕事で行けなかったりすると、さらに時間が経ってしまいます。
ですが、少なくとも家に置いてあれば、すぐに服用出来ます。
アイピルは、アフターピルの中では比較的安全な避妊薬ですが、大量のホルモンの摂取によって強制的に避妊するお薬なので、身体への負担もそれなりに多くなります。
あくまでも緊急用の予備薬としておき、常用は控えましょう。
もし緊急時ではなく常用することで避妊を回避したい女性がおりましたら低用量ピルのマーベロンをオススメします。
低用量となっていますので体への負担は少なく副作用も安心です。決められた錠数を服用することで着床を防ぎ、妊娠を回避する仕組みです。
また避妊効果だけでなくホルモンのバランスなどが崩れた際に起こる生理不順などの改善にも効果があります。
ですが、避妊薬はHIVや性感染症などへの感染を予防する働きはありません。
性感染症予防には、コンドームなどを使用しましょう。
お薬を購入する為だけに病院に行くのには抵抗があるという方もいるかもしれません。今は個人輸入代行業者から、普通の通販と同じように手軽に購入する事が出来ます。
万が一の時の為に、備えておくようにしましょう。

アフターピルのアイピルを購入するならコンビニ薬局